海外お役立ちツール:送金

みなさんこんにちは!JNLLスタッフKです。

海外で生活をしていたり、海外とのやりとりが多く発生したりしていする時に、「こういう便利なツールがあったらいいのにな」と思ったことが多々あるのではないでしょうか?
このカテゴリでは、そういった時に役立つお役立ち情報をお届けします。

今回ご紹介するのは、海外送金手続きが必要な時に便利なツールです。

【そもそも、海外送金に必要な手続きって?】
海外送金とは、「海外の銀行口座へお金を振り込む」こと。
送金先は大きく分けて二つのパターンがありますね。

1)他人(例:留学先の学校やエージェント、旅行代理店など)
2)自分や家族

そして海外送金には、手数料がかかります。

1)送金手数料:送金を行う銀行に払う手数料(各銀行ごとに異なる)
2)受け取り手数料:中継、または受取る銀行への手数料
一般的に10~30ドル程度、①送金額から自動的に引かれるか、②送金時に予め支払う)

この送金手数料・受取手数料が、海外送金の際の悩みの種、という人も多いと思います。出来る限り抑えたい…かつ、なるべく早く入金したい…
そんな時に便利なのが、Transferwiseという海外送金ツールです!
https://transferwise.com/jp/

Transferwiseは、2011年にスタートした、オンライン海外送金サービスです。

手続きの流れはとても簡単。
1)無料利用登録(身分証明登録含む)をする
2)振込先を指定する
3)金額を指定する
4)送金国にあるTransferwiseの口座へ資金を振り込み
5)資金受け取り

たとえば、日本からアメリカの口座に20万円(相当のドル)を海外生活費として送金したい場合、まず、アメリカでの受取口座を設定し、次に金額を指定します。日本のTransferwiseへ20万円の振り込みを行えば、あとは20万円に相当するドルが、アメリカの口座に振り込まれます。
つまり、一度国内で取引をしてから送金されるわけですね。

Transferwiseの強みは何といっても手数料の安さ送金の速さ操作性の高さです。日本円が対応可能になったのは実はつい最近の2016年からですので、知らない人も多いかもしれません。

海外送金が必要になった時には、是非使ってみてくださいね!

(更新)JN Language Lab-K