合格体験談 (5) カリフォルニア大学サンディエゴ校

こんにちは。JNLL受付です。
今週は、カリフォルニア大学サンディエゴ校に進学することになった当校OGのR.A.さんの合格体験談をご紹介します。
JNLLに長年通っていただいたR.A.さんの合格への軌跡をぜひご覧ください!

 この度、私はカリフォルニア大学サンディエゴ校(University of California San Diego)への進学を決定いたしました。

 私は、JNLLに通うほとんどの生徒さんのように、ボーディングスクールやインターナショナルスクールには通っていません。日本生まれ日本育ちで、普通の日本の公立小学校に通い、中学受験をして普通の私立の中高一貫校に進学しました。通っていた中高には、海外の大学進学のためのコースなんてありませんでした。アメリカの大学へ進学した卒業生もいませんし、アメリカの大学に行こうなんてそもそも考える人もいませんでした。

 この体験談を読んでくださった全ての人に一番伝えたいことは、自分の環境が米国大学進学に向いていない、もしくは自分の立ち位置からして不可能に近いからと言って、実現できないことは無い、ということです。私と同じように、ボーディングやインターに通っていない子たちの希望になれたらいいなと思いながら書いています。

 普通の日本の高校生だった私がどうして大きな目標を成し遂げられたかというと、それは、どうしてもアメリカに行きたいという強い気持ちと、JNLLの皆さんのあたたかいサポートがあったからです。

——-

 JNLLには、小学5年生の頃からお世話になりました。小学2年生の時に英検2級を取得してから、中学受験の勉強に専念したため英語に力を入れておらず、英語力が落ちないようにJNLLで対策をしていただいていました。無事中学受験は合格し、時間ができたので英検などをもう一度やってみようという気になり、中学の前半では英検準1級と1級の対策をしていただきました。

 中学の後半になると、中高一貫だったため高校のための進路アンケートなどが始まり、将来について考えることが多くなりました。私は日本から出たことが無かったので帰国子女やインターに通う子たちにすごく憧れていて、英語で学校の授業を受けてみたいと思っていました。そして、自分の将来を考えたとき、この際アメリカの大学に行くと中3(9年生)の時に決意しました。日本の大学に行きたいと言う気持ちは全く無く、滑り止めとして受けることもしないと決めました。

——-

 そこからはJNLLの先生や根岸さんのアドバイスの元、アメリカの大学受験の対策が始まりました。小・中・高とずっと、週末に一回のレッスンというのは最後まで変わることはなく、基本的には自分で勉強しないとマズイという状況でした。授業のたびにSATの単語テストや宿題をたくさん用意して頂き、語彙力と理解力をどんどん鍛えていきました。JNLLに常備されているテキストをコピーして使わせていただくだけでなく、自分が購入して気に入っていた単語帳なども授業や単語テストに取り入れてくださり、大変柔軟に対応していただきました。お陰で、授業前に毎回行う単語テストが楽しかったし、満点を取って先生に自慢するのが楽しみでした。先生も、褒めてくださったり、間違えやすいものに関しては覚え方などを伝授してくださったりしたので、毎回成長することができていました。

 SAT Reading SAT Writing and Languageは、授業内の演習と宿題で行っていました。週末に2コマJNLLで勉強し、週のほとんどは自分で宿題をやったり単語テストのために対策をしていました。学校の勉強との両立は難しそうで、そうでもなかったです。私は昔から勉強が苦だと思ったことはなく、一つ一つ楽しむことを知っていたからだと思います。もちろん結果にも強くこだわり、アメリカに行くために学校では常に学年トップの成績でいられるよう真剣に学校の勉強にも取り組みました。定期試験の2日前にSAT対策でJNLLに行かなければならなかったことが多々あり、少しつらかったです(笑)

 SAT Math に関しては特に対策はしませんでした。日本の高校に通っている人にとってはすごく簡単だと思います。日本の数学教育はすごく進んでいるようで、中学くらいでSAT Mathのレベルは習得済みというイメージです。たまに出てくる数学用語がわからないせいで点を落としていたので、JNLLで数学用語集をプリントでもらって、それも単語テストと思って覚えるようにしていました。

——-

 学校生活に関しては、日本の大学は受けずアメリカの大学に行くには良い成績(GPA)を取っていないといけないので、SATを後回しにして学校の勉強ばかりしていた時もありました。日本の大学には行かないのに東大・早稲田・慶応の過去問を解かされる日々で、葛藤しながら勉強していました。SATを解く時間は学校の勉強から離れられる至福の時間でした。

 高校の後半では志望校別に分かれてクラスなどが編成されていく中で、1人だけアメリカの大学志望というのは自分にとっても学校にとっても厄介でした。高3の年が一番大変でした。成績処理の仕方から、推薦状まで、今までやった人がいないので自分で調べて先生に説明し、先生も初めてのことだったので理解できず、ということが多かったです。自分はエッセイを書くのに専念しなければならないのに、学校のやることにまで目を配らなければならないのが正直つらかったです。

 学校活動に関しては、中学一年生の頃からクラス代表部活の学年代表などを兼任したり、学校行事の運営や委員会などにも積極的に参加していました。高校になって部活(サッカー)の部長を務め、イギリスへの修学旅行の副委員長なども務めました。学校代表として英語ディベート大会に高1と高2の時にも参加しました。学校外の活動がなかったので、高2の夏には市のボランティア活動に参加しました。

——-—–

 最終的に私の出願した学校は計12校です。日本の普通の高校からアメリカの大学に進学したことがある人が周りにいないので、どうなるかわからず、念のため滑り止めも沢山出願しました。第一志望はStanford 大学で、REAで提出しましたが、不合格でした。UC は、9校中7校(UC Berkeley, UCLA, UCSD, UC Davis, UCI, UCSB, UC Merced)に出願しました。結果、UC Berkeley, UCLA以外は全て合格を頂きました。

 また、Common ApplicationのRegular Decisionの方では、Harvard, Cornell, U Penn, USCに出願しました。U Pennに関しては面接を受けるところまで行きましたが、結局全部不合格になってしまいました。

 ずっとStanfordにしか興味が無く、Stanford以外に通う自分を想像できなかったのですが、最終的にUC San Diegoに進学を決めた今は、やれることはやったと思っています。悔しい気持ちはありますが、アメリカの大学に行くほとんどの人のようにアメリカの高校に通っていたりボーディングやインターナショナルスクールに通っていたりしない私が、ここまでのぼって来れたことはすごいと自分でも誇りに思います。また、普通の日本の高校生でもアメリカのトップ大学に行けることを証明したいという自分の目標を達成することもできたと思っています。これから先、どんな学校に通っているかは関係なしに、アメリカの大学受験に挑む人が増えたらいいなと思います。

 また、10年近く私の成長を見守ってくださった先生、親身になって私の相談に乗ってくださった根岸さん、そして私が満点を取った単語テストを丸付けし、イラストでお祝いしてくださったスタッフの皆さんに心から感謝しています。JNLL無しには、ここまでのぼって来ることは出来ませんでした。

 大学へ行っても、JNLLにお世話になっていたころの勉強の楽しさを忘れず、もっと成長していきたいです。

(更新)JN Language Lab-H