【アメリカ大学】医用生体工学とは?【留学】

こんにちは。JNLL受付です。今週はアメリカの大学ではどんなことが学べるのか見ていきたいと思います。

他の学科の記事もあるのでぜひご覧下さいね。
航空宇宙工学とは?
機械工学とは?

医用生体工学は、生物科学と工学設計を結びつける学際的な分野です。この分野の一般的な目標は、さまざまな病状を評価、診断、および治療するためのエンジニアリングソリューションを開発することにより、ヘルスケアを改善することです。この分野は、医用画像、補綴、ウェアラブルテクノロジー、埋め込み型ドラッグデリバリーシステムなど、幅広いアプリケーションに及びます。

医用生体工学とは

・医用生体工学は、生物学、化学、物理学、機械工学、電気工学、材料科学などの多くの分野を用いています。
・生物医学エンジニアは病院、大学、製薬会社、及び、民間製造会社で働くことが出来ます。
・分野は多様であり、研究の専門分野は、大型のMRI装置から注射することが出来るナノロボットにまで及びます。

生物医学エンジニアは何をしますか?

一般的に、生物医学エンジニアは、エンジニアリングスキルを用いて、ヘルスケアを進歩させ、人間の生活の質を向上させます。私たちは皆、歯科インプラント、透析装置、義肢、MRI装置、矯正レンズなどの生物医学エンジニアによって作成されたさまざまな製品の恩恵を受けています。

生物医学エンジニアが行う実際の仕事内容は人によって大きく異なります。中には、複雑な生物学的システムを分析して理解するために、コンピューターや情報技術と連携するものもあります。一例として、医療研究所や23andMeなどの企業で実施されている遺伝子解析では、数を計算するための強力なコンピューターシステムの開発が必要です。

他の生物医学エンジニアは、材料工学と重複する分野である生体材料を扱ったりします。生体材料は、生物学的システムと相互作用する材料です。たとえば、股関節インプラントは、人体の中でも壊れることのない丈夫で耐久性のある材料でできている必要があります。すべてのインプラント、針、ステント、および縫合糸は、人体から有害な反応を引き起こすことなく、役割を果たすことが出来るような慎重に設計された材料で作成する必要があります。人工臓器は、生体材料の専門家の力が必要な新たな研究分野です。

すべての技術と同様に、生物医学工学の進歩は、多くの場合、より小さな医療機器の開発に関連しています。例えば、バイオナノテクノロジーは成長分野の1つであり、エンジニアや医療専門家が、医薬品や遺伝子治療を提供したり、健康を診断したり、体を修復したりするための新しい方法の開発に取り組んでいます。血球ほどの大きさのナノロボットがすでに存在しており、この面で大きな進歩が見込まれています。生物医学エンジニアは、病院、大学、および健康分野で製品を開発する企業で頻繁に働いています。

医用生体エンジニアになる為に大学で何を勉強するか?

生物医学エンジニアになるには、最低でも学士号が必要です。すべての工学分野と同様に、物理学、一般化学、および多変数微積分と常微分方程式による数学を含むコアカリキュラムがあります。ほとんどの工学分野とは異なり、コースワークは生物科学に重点を置いています。

この分野の典型的なコースは次のとおりです。

• 分子生物学
• 流体力学
• 有機化学
• バイオメカニクス
• 細胞および組織工学
• バイオシステムと回路
• 生体材料
• 定性的生理学

生体力学的工学の学際的な性質は、学生がいくつかのSTEM分野で優れている必要があることを意味します。専攻は、数学と科学に幅広い関心を持つ学生に適しています。

工学管理に進みたい学生は、リーダーシップ、ライティングとコミュニケーションのスキル、およびビジネスのコースで学部教育を補うのが賢明でしょう。

高いレベルの医用生体工学教育を提供している大学

医用生体工学は、人口が数と年齢の両方で増加するにつれて拡大し続けると予測される成長分野です。このため、ますます多くの学校がSTEM分野に生物医学工学を追加しています。医用生体工学に最適な学校は、優秀な教員、設備の整った研究施設、地域の病院や医療施設へのアクセスを備えた大規模なプログラムを持っている傾向があります。

デューク大学:デュークのBME学部(医用生体工学部)は、高く評価されているデューク大学病院と医学部から歩いてすぐの場所にあるため、工学と健康科学の間で有意義なコラボレーションを簡単に開発できます。このプログラムは、34人のテニュアトラック教員と卒業生によって年間約100人の学士号を取得しています。デュークには、生物医学工学に関連する10のセンターと研究所があります。

ジョージア工科大学:ジョージア工科大学は、米国でトップの公立大学の1つであり、すべての工学分野で上位にランクしています。医用生体工学も例外ではありません。大学のあるアトランタは好立地であり、BMEプログラムは隣接するエモリー大学と強力な研究および教育パートナーシップを結んでいます。このプログラムは、問題ベースの学習、設計、および独立した研究に重点を置いているため、学生は豊富な実務経験を持って卒業することが出来ます。

ジョンズホプキンス大学(JHU):ジョンズホプキンス大学は通常、最高の工学プログラムのトップリストに載ることはありませんが、生物医学工学においては例外です。JHUは、BMEで米国内で1位になることがよくあります。大学は、学部から博士レベルまで、生物医科学と健康科学のリーダーであり続けています。研究設備や環境は11の提携センターや研究所、また新しいBME Design Studioがあり非常に豊富でこの大学の強みであります。BME Design Studioは学生が出会い、ブレインストーミングを行い、生物医学装置のプロトタイプを作成できるオープンフロアプランのワークスペースです。

マサチューセッツ工科大学(MIT):MITは毎年約50人の生物医学エンジニアを輩出し、さらに50人がBME卒業プログラムを卒業しています。研究所は、学部研究を支援および奨励するための十分な資金のあるプログラムを長い間持っており、学部生は、学校が提携を組んでいる10の研究センターで大学院生、教員、および医療専門家と協力することができます。

スタンフォード大学:スタンフォードのBSEプログラムの3つの柱である「測定、モデル化、作成」は、学校が創造する行為に重点を置いています。このプログラムは、工学部と医学部に共同で存在し、工学と生命科学がスムーズに提携し協力して研究することが出来ます。機能ゲノミクス施設からバイオデザイン研究所、トランスジェニック動物施設まで、スタンフォードには幅広い生物医学工学研究をサポートするための施設と資源があります。

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD):このリスト内の2つの公立大学の1つであるUCSDは、毎年約100の医用生体工学の学士号を授与しています。このプログラムは1994年に設立されましたが、工学部と医学部の間の強い提携により、急速に卓越したものに成長しました。UCSDは、癌、心血管疾患、代謝障害、神経変性疾患などの分野向けに重点を置き、開発されました。

生物医学エンジニアの平均年収

工学分野の年収は、すべての仕事の全米平均よりもはるかに高い傾向があり、生物医学工学も同じく高収入が期待できます。PayScale.comによると、生物医学工学者の平均年収は、新入社員では6万6000ドル中途採用では11万300ドルです。これらの数値は、電気工学および航空宇宙工学と比べるとわずかに下回っていますが、機械工学および材料工学よりも少し高い値となっています。アメリカ合衆国労働統計局は、2017年度の生物医学技術者の平均年収は8万8040ドルであり、また採用人数は21,000人以上であったと述べています。

記事:ThoughtCo. Allen Grove. What Is Biomedical Engineering?<https://www.thoughtco.com/what-is-biomedical-engineering-4588395>