留学インタビュー (19)

皆さんこんにちは。JN Language Labです。

今回は、前回同様少し前の取材になりますが、アメリカはカリフォルニア州の南部、コスタメサのOrange Coast College(以降OCC)で勉学に励んでいる当校のOG、C.S.さんへのインタビューをご紹介します。

C.S.さんは、当校でTOEFL、SAT、IELTS対策のクラスを受講し、大学出願時には出願書類サポートクラスにてカレッジエッセイなどの必須書類を作成し、大学合格後は、入学後に必要となる英語力を強化するカレッジプレップのための特別レッスンを受けていました。JNLLでは、模擬試験の受験、公式試験の申込み、出願大学のリサーチなど、C.S.さんが目指している将来像や叶えたい夢に向けたお手伝いをさせて頂きまし た。
C.S.さんが送っているカリフォルニアでの大学生活はどのようなものなのでしょうか。


【インタビュー(19)-C.S.さん/Orange Coast College(取材は2014年、C.S.さんは大学1年生)

《大学生活について》
Q1. Orange Coast Collegeについて教えてください。

OCCは南カリフォルニアの美しいビーチにも近く、質の高いプログラムや学校設備が充実しており、エスニシティに富んだ2000名以上が在籍する、とても人気があるコミュニティカレッジです。

★JNLLメモ★

OCCは優秀な学生が多いので、OCCからカリフォルニア大学システム(University of California)へ編入する学生の数は多いと言われています。
C.S.さんは取材時一年生でしたが、将来的にはカリフォルニア大学のロサンゼルスキャンパスへの編入を希望してており、その後は大学院への進学も考えているそうです。

Q2. 受講している教科について教えてください。
“留学インタビュー (19)” の続きを読む

留学インタビュー (18) :大学それぞれに特有のカラー

皆さんこんにちは。JN Language Labです。

今回は、オクシデンタル大学(Occidental College)にて繊維科学を学んでいる当校のOB、T.T.君のお話をシェアしたいと思います。
学生はどのような環境の中で学んでいるのか、大学の特徴について詳しく教えて頂きました。


【インタビュー(18)-T.T.君/Occidental College(取材は2014年、T.T.君は大学1年生)

オクシデンタル大学(Occidental College)は、日本人にとってあまり馴染みのない大学名かもしれませんが、創立125年以上の西海岸で最も古いとされているリベラルアーツカレッジで、あのオバマ大統領が2年間通ったことでも有名です。
“留学インタビュー (18) :大学それぞれに特有のカラー” の続きを読む

留学インタビュー (17) :なぜ米国大学の学生は勤勉なのか?

皆さんこんにちは。JN Language Labです。

今回ご紹介する生徒様は、University of California Riverside(以下UCR)に通うD.S.君です。幼少時代を中国で過ごしていたD.S.君は、中学生の時点で日本語と中国語を話すバイリンガルでしたが、高校2年生からTOEFLとSATの勉強に励み、彼にとって第三か国語である英語を米国大学合格に相応しいレベルに到達させました。

勤勉なD.S.君ですが、それでも、大学のハードな授業内容に苦労しているそうです。
話を聞いていると、D.S.君含め、大学生たちが勉強にどれだけ熱心に時間を費やしているかに驚かされます。単位が取得できなければ卒業できないのはもちろんですが、遊ぶ時間を惜しんででも勉強する、そのハングリー精神は、どこから生じるのでしょうか?


【インタビュー(17)-D.S.君/University of California, Riverside(取材は2014年、D.S.君は大学1年生)

現在、D.S.君はビジネスを専攻しています。ミクロ経済、マクロ経済、社会学などビジネス関連の授業を受講してきたそうです、いずれの授業も、事前知識が無くても(専攻しようとしている分野に関する知識を、身に付けてから大学へ入学しなくても)全く問題なかったそうです。事前知識の有無に関しては、実に多くの方々が疑問に思うポイントですが、心配しなくても大丈夫だということなので安心ですね。

しかし、勤勉な彼がUCRで少々苦戦している授業があるとのこと。 “留学インタビュー (17) :なぜ米国大学の学生は勤勉なのか?” の続きを読む

留学インタビュー (16) Part2 大学で1番必要とされている能力

皆さんこんにちは。JN Language Labです。

前回の留学インタビュー記事では、カリフォルニア大学デイビス校に通う当校のOG、R.O.さんが語る、「実際に大学に入学するまでの期間に知っておきたかったこと、経験しておきたかったこと」として、「アルバイト経験」について触れましたが、今回はその続きとして、大学で必要とされている能力についてお話頂いた内容をご紹介します。

米国大学が学生に求める能力とは、一体何を指すのでしょうか。


【インタビュー(16)  Part2-R.O.さん/University of California, Davis

“留学インタビュー (16) Part2 大学で1番必要とされている能力” の続きを読む

留学インタビュー (16) Part1 入学する前にしておけばよかったこと

皆さんこんにちは。JN Language Labです。

新年最初のブログ記事はJNLL・OG/OBのご紹介です!
今回ご紹介する卒業生は、カリフォルニア大学デイビス校に通うR.O.さんです。
将来的には宇宙工学専攻を考えている(2013年時点)勤勉で熱心な現役大学生であるR.O.さんは、大学合格通知が手元に届いてから実際に入学するまでの期間に知っておきたかったこと、経験しておきたかったことがあるそうです。


R.O.さん


【インタビュー(16)  Part1-R.O.さん/University of California, Davis
JNLLでは、R.O.さんからある質問を受けていました。
大学に入学する前に、専攻を考えている宇宙工学について、事前に勉強をしておくべきかどうかという質問でした。
“留学インタビュー (16) Part1 入学する前にしておけばよかったこと” の続きを読む

留学インタビュー (15) Part2

皆さんこんにちは! JN Language Labです。

今回はニューヨーク大学(NYU)に通うJNLLのOG、N.S.さんへのインタビューを引き続きお届けしたいと思います。
アートカルチャーが盛んな街、ニューヨークでの生活を《詳しく》教えていただきました!

≪大学公式ウェブサイト≫
https://gallatin.nyu.edu/


【インタビュー(15)  Part 2-N.S.さん【生活編】/NYU Gallatin School of Individualized Study(インタビュー日程・場所 2017年11月5日 NY市内)】
《大学生活について》
Q1. 一週間の流れ(授業時間、勉強時間、週末の使い方など)を教えてください。

月~木が授業で、金~日は休みです。高校とは違って、自分で時間の管理をしなくてはなりません。授業と授業の間の時間をどう使うかが、重要なポイントになってくるかと思います。

Q2. 生活面で工夫していること(時間の使い方、リフレッシュの仕方、など)はありますか?
“留学インタビュー (15) Part2” の続きを読む

留学インタビュー (15) Part1

皆さんこんにちは。JN Language Labです。

当校代表取締役の根岸が、11月3日~6日にかけて、アメリカ視察でニューヨーク大学(NYU)を訪れ、JNLLのOG、N.S.さんに会ってきました。

N.S.さんは、高校時代は国内インターナショナルスクールへ通い、ニューヨーク大学ギャラティン校(NYU Gallatin)を早期出願で受験。その後単身で渡米し、寮に暮らしながら大学生活を送る大学1年生(18歳)です。JNLLには10年生から大学に出願するまでの約2年間、受講して頂きました。

そんなN.S.さんのインタビューを、全2回に分けてご紹介したいと思います。

大学について:ニューヨーク大学ギャラティン校の正式名所は「Gallatin School of Individualized Study」です。

大学の特徴は、学生自身がゴールを設定し、興味のある分野を探求したり、異なる分野を掛けあわせたりして専攻メジャーを決めることができる、大変特殊な大学です。Gallatinに在籍する学部生は全員で1500名ほどですが、NYUの他のキャンパスで授業を受けることができますので、大学の規模としては大きいです。
しかし、N.S.さんが受講しているGallatinでのクラスの規模は15名前後と小さく、各生徒へ教授の目が届きやすくて大変良い教育環境だと言えます。芸術関系の授業が多数ありますので、アーティスト・役者・音楽家などになった卒業生が多くいます。


【インタビュー(15)  -N.S.さん【大学編】/NYU Gallatin School of Individualized Study(インタビュー日程・場所 2017年11月5日 NY市内)】

Q1. どうしてNYUを選んだのですか?
NYUは、大学の立地が都会ということで選びました。例えレベルが高くて良い大学でも、周りに何もないような場所は自分には向いていない、都市部にあるNYUには様々な選択肢があって自由だと感じたから、来ることにしました。
実際に住んでみたらNYは本当に自由で、マンハッタンはアメリカで一番、いろんな人達が集まっているところだと思いました。NYUでは人種差別がなく、インターナショナルスクールにいるような感覚です。
また、NY市内には、NYUの生徒は無料で入館することができる美術館などの施設が多くあり、文化や芸術が身近に感じられることにとても満足しています。

Q2. 大学の特徴を教えてください。
“留学インタビュー (15) Part1” の続きを読む

留学インタビュー (14)

皆さんこんにちは。JN Language Labです。

今回ご紹介する当校の卒業生は、前回ご紹介した絵画作品を制作したA.S.さんです。
現在、Pine Manor Collegeに在籍しており、美術と一般教養科目を学んでいます。

Pine Manor Collegeはボストン郊外のブルックライン(Brookline)に位置するリベラルアーツカレッジです。学生数は313名(うち85%が女子)という小規模な学校で、クラスの9割弱が20名以下の少人数制なのが特徴です。生物学、教育学、経営学、心理学、美術の教育に力を入れています。

A.S.さんはアメリカのボーディングスクール出身で、2015年の時点でアメリカ在住歴5年目と、比較的長い期間アメリカに滞在しています。
今回は、そんな彼女の大学生活について色々伺いました。


【インタビュー(14)  -A.S.さん/Pine Manor College】(取材は2015年)
Q1. キャンパスについて教えてください。
ボストン郊外に位置する静かなキャンパスタウンに住んでいます。空がきれいで、空気も澄んでいます。冬はとても寒く、4月でも雪が降ることがありますが、総じてここでの暮らしは好きです。キャンパスが郊外にあるということもあり、他大学の学生との交流はほとんどありません。

Q2. どのような学生がいますか?
“留学インタビュー (14)” の続きを読む

留学インタビュー(13)

皆さんこんにちは。JN Language Labです。

留学インタビュー第13弾となる今回は、Bowdoin Collegeに通うH.A.君をご紹介します。
勉強とスポーツ に打ち込み、大学生活をとても楽しんでいらっしゃるH.A.君に、大学や寮生活のことなど、お話して頂きました!(取材は2015年)

Bowdoin Collegeはアメリカ・メイン州の郊外に位置する学生数1,805人のリベラルアーツ・カレッジです。NewsweekNew Ivy(リベラルアーツカレッジのトップ校)のひとつに数えられ、U.S. NewsNational Liberal Arts College2016年版)では4位にランクインした名門校です。学生と教員の人数比は91で、学生と教員の距離が近く、大学側の手厚いサポートでも有名です。新入生の満足度も97.3%と非常に高いです。


【インタビュー(13)  -H.A.君/Bowdoin College】
Q1. Bowdoin Collegeに入学を決めた理由を教えてください。
第一に、小規模な大学で人との距離が近いからです。高校(ハワイのボーディングスクール)も小さな学校で、人との距離が近い点が良かったので、小規模の大学に行きたいと思っていました。第二に、リベラルアーツを学べるからです。専攻が決まっていなかったので、一般教養を学びながら専攻や将来について決めたいと思いました。また、Bowdoinに通う高校のOBに話を聞いたり、11年生の時 に大学訪問して実際の大学の雰囲気を知っていたことも決め手になりました。

Q2. 入学前と入学後でのギャップはありますか?
“留学インタビュー(13)” の続きを読む

留学インタビュー(12)

皆さんこんにちは。JN Language Labです。

留学インタビュー第12弾となる今回は、ボストンの西に位置するLasell Collegeに通うM.A.さんのインタビューをご紹介します。(取材は2015年)

Lasell Collegeはマサチューセッツ州の郊外に位置する学生数1,737人の私立大学です。学生団体による活動が盛んで、学生団体によってCommon Hoursという学生団体による昼のミーティングが週2日開かれています。人気のある専攻は、CommunicationやMedia Studies、Fashionなどです。

渡米前は日本の大学に通っていらっしゃったM.A.さんは、広告を学びたいという強い希望を持って、アメリカの大学に通うことを決断されました。
初の海外生活にあたっての、自身の英語力への不安についても、率直にお話しいただきました。


【インタビュー(12)  -M.A.さん/Lasell College】
Q1. Lasell Collegeを選んだ理由を教えてください。
Advertising(広告)を専攻したいかったからです。Lasell Collegeには、Communication学部の下にAdvertisingがあるのでいいと思いました。

Q2. 入学してから気づいたことはありますか。
“留学インタビュー(12)” の続きを読む