留学インタビュー(7)

皆さんこんにちは!JNLLスタッフKです。

海外視察・留学生へのインタビューも第四弾となりました!
今回ご紹介するのは、前回ご紹介したR.M君と同じNortheastern Universityで学ぶK.O.君です。
早速ご紹介したいと思います!


【インタビュー(4) K.O.君/Northeastern University】
Q1.
なぜNortheastern Universityを選んだのですか?
※Co-opプログラムが盛んだからです。また、大学の多様性を受け入れているところや、キャンパスがきちんとしていることにも惹かれました。
ボストンは魅力的な街です。冬は寒いですが、ボーディングスクールの方がもっと寒かったので、自分には苦になりません。

※Northeastern University、Co-opについての基本情報はこちら:https://www.northeastern.edu/coop/

Q2. どの様な科目を履修していますか。
最初のセメスターは留学が必須で、ギリシャで半年を過ごしました。中学生の時は英語が出来ませんでしたが留学して英語が出来るようになった時、一番自身の成長を感じました。英語圏で生活している今は、非英語圏のギリシャに住むことにチャレンジすることで、自分がさらに成長できると思いました。
履修している科目は、マクロエコノミックス、インターナショナルビジネス、アントレプレナー、会計など、全部で16単位、+1単位です。

Q3. どの様な友人がいますか?
ギリシャへ留学した時に出会ったNortheastern Universityの友人が、そのまま、現在も友人となっています。

Q4. 大学生活で戸惑っている事はありますか?
高校時代に持っていたイメージと同じだったので、あまり戸惑いはありませんでした。ボーディングスクールに通っていたので、色々な意味で、準備が出来ていたと思います。

Q5. 現在はどんなところに住んでいるのですか?
大学の寮に住んでいます。最初の2年間は寮に入る決まりなので、自分はシングルルームに入ることが出来ました。

Q6. Co-opプログラムはいつから始まりますか?
来年の秋からCo-opプログラムが始まります。まだやりたいことは決まっていませんが、ボストン周辺で働くことになると思います。

Q7. 一週間のスケジュールを教えてください。
月曜日は4クラス、水曜日に3クラス、木曜日に4クラス、金・土・日曜日は休みです。休みの日は教科の予習・復習と、スポーツをしたりしています。また、授業の一環のプロジェクト、アントレプレナー(TJXというアパレル企業)などの企画・提案も休日に準備します。


(K.O.君)

Q8. 大学卒業後の進路はどの様なイメージを持っていますか?
大学院でMBAを取ることも考えていますが、少し働いてから大学院へ入るかもしれません。就職は日本・アメリカ、どちらでも構わないですが、いつかは起業したいと思っています。

Q9. 英語について、困ることはありますか?
英語は問題ありませんが、日本語はだんだん、忘れてきているかもしれません・・・。敬語や謙遜語など、話す機会が少なくなっています。

Q10. ここでの生活はどうしていますか?
生活に必要なものは両親に用意してもらったクレジットカードで支払っています。ですが、僕はほとんどお金を使わない生活をしていて、親もそれを分かっているので、信用してカードを渡してくれているのだと思います。

Q11. JNLLの生徒へアドバイスをお願いします!
高校生の間は、その時を楽しんで、出会った友人を大切にすると良いと思います。後々、為になると思うからです。また、タイム・マネージメント能力は身につける必要があります。自己管理能力はとても大切だからです。


K.O.君、お忙しいところ、取材に対応して頂きどうもありがとうございました!
ギリシャという新しい環境に身を置いてみたり、卒業後の起業を考えていたりと、大学でも積極的に、自身の成長の機会を探り、チャレンジしているようですね。充実した大学生活をお聞き出来て、良かったです。今後も頑張ってくださいね!

次回、インタビュー記事第五弾もお楽しみに!

(更新)JN Language Lab-K

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です