ルームメイトと上手く付き合う方法

こんにちは。JNLL受付からお送りします。

2月はあっという間に過ぎていき、もう3月に入るなんて信じられないですね。皆さん、花粉対策は万全でしょうか。

さて、ボーディングスクールに通う生徒の皆さんはルームメイトがいるのではないでしょうか。筆者もボーディングスクールに在籍していた頃はルームメイトがいたことがあります。そこで今回は、ルームメイトと上手く付き合う10の方法についてご紹介したいと思います。

1. 自分の要望をきちんと伝える

例えば、あなたのルームメイトがスヌーズ機能をよく使うのはあなたにとって好ましい状況でしょうか。汚い部屋はどうでしょうか。ルームメイトときちんとコミュニケーションをとって自分たちの要望を伝えあいましょう。会話をしなければ伝わりません。

2. 問題は小さいうちに解決する

ルームメイトの行動で嫌な思いをしたら、溜め込んで爆発する前に伝えましょう。小さなことでも積み重なると耐えきれなくなります。

3. 物を勝手に借りない

一見簡単そうなことでも、割と難しいです。少しの間だけでも無断で借りるのは無礼です。親しき中にも礼儀ありです。

4. 部屋に人をむやみに連れ込まない

あなたは騒ぐのが好きでも、ルームメイトは違うかもしれません。きちんと話し合ってから、人を招きましょう。

5. 部屋の鍵を閉める

あなたが鍵を閉め忘れて、ルームメイトのものが盗まれたら、どうやって責任を取りますか?防犯対策はお互いのために抜け目なくしましょう。

6. 親切に接しましょう

ルームメイトとは沢山の時間を共に過ごすこととなるでしょう。しかし、親友になれるとは限りません。期待しすぎずに、程よい距離を保ちましょう。

7. 理解を示しましょう

あなたとルームメイトは育った環境が違います。違いを理解し、尊重しましょう。

8. 変化に対応する

最初に決めたルールを変えなければならない状況は出てきます。問題があればその都度ルールの改正に努めましょう。

9. 問題に向き合いましょう

いきなりルームメイトの何かが気に障ることはあります。我慢をせずに、問題に向き合いましょう。

10.自分がされて嫌なことはしない

基本中の基本ですね。忘れないようにしましょう。

いかがだったでしょうか。

筆者はsophomoreとjunior の最初にルームメイトがいました。
適度な距離感があって、一緒にいて居心地がよかったです。結局、ルームメイトとはお互いがシングル部屋になった後に仲良くなりました。人間関係とはわからないものだな、としみじみ思います。

誰かと部屋を共有するのは想像以上に困難です。しかし、全く育った環境が違う人と住むことは自分自身の成長につながりますし、もしかしたら絆を育めるかもしれません。

この記事が、少しでも皆さんがルームメイトと素敵な関係を築く手助けになれば幸いです。

記事:
ThoughtCo. Kelci Lynn Lucier. 10 Tips for Getting Along With Your College Roommate. <https://www.thoughtco.com/getting-along-with-college-roommate-tips-793353>

(更新)JN Language Lab-H


JNLLではSAT、ACT、SSAT、TOEFL、IELTS等の1対1の完全個別指導を行っております。まずは体験個別指導にお越しください。

体験個別指導は60分3000円にて行っています(毎週水・金曜日の16-18時または土曜日の13-16時)。体験個別指導は必ず事前にご予約をお願いたします。

→体験レッスンのお申込みはこちらから