【SAT受験】1日の流れ

こんにちは。JNLL受付です。

今週はSAT試験の1日の流れについて紹介します。日本の試験とは異なり、電子機器の使用にとても厳しいそうです。SATを初めて受ける予定の方はぜひご一読ください。

———

すべてのテストセンターでは、同じ手順規則に従って試験を行います。試験日前に、その形式に慣れておきましょう。

7時45分に開場

特に指定がない限り、すべてのテストセンターでは7時45分に開場し、8時に門が閉じられます。試験が始まってからは入ることができません。もし当日遅刻したり休んだりした場合は、日程変更することができます。費用が少ないので、再登録よりも日程変更をお勧めします。

試験開始は8時半から9時の間

座席は選ぶことができず、指示されます。席に座って待ちます。

・試験監督はマニュアルをそのまま読み、試験手順に関する質問に答えてくれます。試験の答えや内容に関する質問は答えられません。
・試験監督がそれぞれのセクションについて、開始と終了時刻を教えてくれます。
・それぞれのセクションにおいて、与えられた時間以外では解答できません
・一度終わったセクションに戻って解答することはできません。
・早くセクションが終わっても次のセクションに進むことはできません。
・セクションを飛ばしてはいけません。もしそうすると、スコアがキャンセルされたり遅れることがあります。
・試験が終了すると、試験監督は冊子を回収して個数を数えます。試験会場を出る前にすべての資料が回収されたか確認するためです。

隣に座っている学生と、テスト問題が違っていても驚かないでください。セクションの順番が異なる場合があります。

休憩

多くの生徒のために、10分休憩5分休憩が試験中にあります。飲食をすることができる唯一の時間です。

・常にIDカード受験票を持っていてください。試験会場に入るときに毎回確認されます。
・試験問題・解答用紙・電卓は、休憩中机の上に置いておかなければなりません。
・この時間で携帯電話など通信機器を使うことはできません。もし使うと、スコアはキャンセルされるでしょう。

退出

エッセイを受験するときは、約1時に試験終了となります。エッセイを受験しないときは、約12時に終了します。

電子機器について

私たちは携帯電話や電子機器についてしばしば言及していますが、正当な理由があるからです。従わない場合は、スコアはキャンセルさせるでしょう。

覚えておくこと

・試験監督は、携帯電話や禁止されたの電子機器を回収し保持する権利を持っています。
・もしあなたの電子機器が音を出したり、使用しているのを確認されたり、休憩中でも使用しようとしたときは、すぐに退出を命じられるでしょう。スコアはキャンセルされ、電子機器は没収されます。
・カレッジボードは、テストセンターにおける電子機器を含む私物の紛失や損傷に対して責任を負いません。

記事:CollegeBoard. What to Expect on Test Day.
<https://collegereadiness.collegeboard.org/sat/taking-the-test/what-to-expect>

(更新)JN Language Lab-H


ジェイエヌランゲージラボではSAT、ACT、SSAT、TOEFL、IELTS等の1対1の完全個別指導を行っております。まずは体験個別指導にお越しください。
体験個別指導は必ず事前にご予約をお願いたします。

→体験個別指導のお申込みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です