【ACT対策】ACTで目標点を取るためのテクニック

こんにちは。JNLL受付から今週もお送りします。

今週はACT対策についてご紹介します。
ACTだけでなくマークシート形式の問題には共通するテクニックですので、他のテスト対策をしている方もぜひ参考にしてみてください!

30年間、生徒の志望校合格のためのACTスコアを上げる指導をしてきましたが、私たちしか知らない大きな秘密があります。かしこい受験者は戦略的であるということです。

ACT試験は、高校で受けてきたテストとは違うので、今までとは違った試験対策に取り組まなければなりません。これらの簡単な戦略は、ACTの内容に沿った対策で、実績のある手法に基づいています。

ACTで最高スコアをたたき出す4つの簡単な方法

1. 順番に通りに問題を解かない

最も難しい問題に多くの時間をかけることは、簡単な問題を大急ぎで解くことにつながります。順番通りに解く代わりに、その問題を今解くか、後で解くか、または解かずに進むか自分自身に尋ねてみてください

悩む必要はありません。この決定はとても素早くすることができます。
今解く:その問題は解けそうに見えますか?解き方を知っていますか?今やってみましょう。
後で解く:この問題を解くのに時間がかかりそうですか?一度やめて後で戻ってきましょう。問題に丸を付けて見つけやすいようにしてください。
解かない:あなたの苦手な分野と分かったら、危険な問題のサインを見つけてください。解かない問題に多くの時間をかけてはいけません。代わりに、今解く問題と後で解く問題に時間をかけましょう。

2. 解答欄を埋める

問題を解かないということは解答しないということではありません。

ACTでは間違えた問題に対する減点はないので、解答用紙のすべての欄を埋めましょう。解かない問題を考えるときは、2つの好きな文字の組み合わせを選んで、くっつけてください。(例A/FかC/H)もしそれが答えと一致していれば、いくらか点数をもらうことができます。

3. 正しい答えのことは忘れて、間違った答えを探す

選択式のテストは大きな利点があります。彼らは正解を問題に載せます。ACT試験は不正解の中に正解を隠しますが、1つか2つの不正解に×をつけると、正解はより明るく見えるでしょう。

4. 塗りつぶす一番いい方法を知る

もし間違えて、解答用紙の違うマークを塗りつぶしたらという心配をしているなら、この方法はあなたのスコアを守るでしょう。

英語と数学や、読解と科学の問題を一度に進めます。正しいと思う答えを冊子に書き込みます。その後、マークシートに答えを一度に書き写してください。マーク欄がどこか探すのに集中力を奪われるよりも、問題に集中できるほうがいいでしょう。

記事:ThePrincetonReview, ACT Tips and Tricks to Reach Your Target Score,
<https://www.princetonreview.com/college-advice/4-act-tips>

(更新)JN Language Lab-H


JNLLではSAT、ACT、SSAT、TOEFL、IELTS等の1対1の完全個別指導を行っております。まずは体験個別指導にお越しください。

体験個別指導は必ず事前にご予約をお願いいたします。

→体験個別指導のお申込みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です