SATの試験時間とペース配分

こんにちは。JNLL受付からお送り致します。
今週はSATを解くときの時間配分やペースについての記事をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

時間的制約は、SAT受験者としての最も悪い本能を引き出します。高校での英語や数学のテストで1問に対する解答時間が1分以下のことがどのくらいありますか?
SATのセクションごとに試験時間を割り当てる方法を学んで、あなたの必要な理想のスコアへのヒントを得ましょう。

SAT試験にかかる時間は?

SAT試験では、3時間(3時間と15分間の休憩)かかります。さらにもしエッセイを希望する方は、3時間と50分(もしくは4時間と5分間の休憩)が終了までにかかります。

セクションごとの長さ

試験時間の3時間はどのように分かれているのでしょうか。以下にSAT試験のスケジュールをお見せします。

セクション名

時間

問題数

Reading

65分

52問

Writing and Language

35分

44問

Math

80分

58問

(Essay)

(50分)

(1問)

180分 (230分)

154問 (154問 + 1 Essay)

SAT試験を解くペース

SAT試験の準備はできていますか?

多くの受験者がする最も大きな間違いは、簡単なもしくは標準的な問題にとても短い時間しかかけておらず、難しい問題に多すぎる時間をかけていることです。この挑み方の問題点としては、簡単~標準的な問題を急いで解いてしまい、ケアレスミスをする可能性があることです。

以下にスコアアップに役立ついくつかのステップを紹介します。

1. ゆっくり解けば解くほど、スコアは上がる

問題数によってスコアは決まるのではありません。何問正解したかによって決まります。解く問題を少なくすることで、全体で正解する問題を増やすことができます。

2. 本物の試験をまねる

練習問題を解くとき、本物のSAT試験のように時間を測ってください。例えば、35分がどれくらいの長さであるかという感覚を持つことで、難しい問題を解く余裕をどれくらい持てるかが決まります。もし残り時間が分かったら、あなたはそこまで緊張しないでしょう。

3. 難しい問題に時間をかけない

難しい、または時間のかかる問題に引っかからないようにしてください。「でもこの問題にたくさん時間をかけたし…よし、やめよう!」と頭で考えてください。困ったり時間が不足していたりするときは推測で答えを出して次に進みましょう。

記事:The Princeton Review. How Long is the SAT?
<https://www.princetonreview.com/college-advice/how-long-is-the-sat>(accessed 10/14/2019)

(更新)JN Language Lab-H


JNLLではSAT、ACT、SSAT、TOEFL、IELTS等の1対1の完全個別指導を行っております。まずは体験個別指導にお越しください。

体験個別指導は必ず事前にご予約をお願いいたします。

→体験個別指導のお申込みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です