最も志願者の多いアメリカの大学10校

こんにちは。JNLL受付から今週もお送りします。
今回の記事はこちらになります。アメリカで人気の大学とは、どこでしょうか。

U.S.Newsのショートリストは、全体ランキングとは別に、学生や親にとって、どの分野において大学や大学院のプログラムが秀でているか、特定の分野で伸びる余地を見つけることができるかを期待して、個々のデータポイントを上げる定期的な連載です。

The Short List: Colleges, The Short List: Grad School やThe Short List: Online Programs を検索して大学または大学院のリサーチであなたにとって重要なデータを見つけてください。

大学は限られた定員のため、大学入試は競い合いです。
そのことは実際たくさんの志願書を受け取り、どの生徒を受け入れるかという難しい決定を下さなくてはならない学校にとっては真実です。

University of California—Los Angelesにおいては、例えば2018年秋に113,761人の入学希望者が志願しました。UCLAはその志願者の内の14%を受け入れたことをU.S. Newsデータは示しています。

UCLAが唯一100,000人の志願者を上回るランク付けされた学校であるとU.S. Newsデータに示されている一方、他のいくつかの大学でもほとんど同じような数の志願者数が出ます。

最も興味のある大学としての10校は平均して84,068人の志願者があります。この数字は
U.S. Newsが受け取る年次調査で申請を報告した1240のランク付けされた学校の数の
平均8,632人をはるかに上回ります。
しかし、いくつかの学校では志願者の数は少なく、102という最も少ない志願者だったVermontのMarlboro College のような学校もあります。

リストの10校のうち9校はNational Universitiesです。多くの場合研究志向であり、学士号、修士号、博士号を取得できる学校です。

唯一の例外はCalifornia State University—Long Beachです。Regional Universities (West)のカテゴリーになります。Regional Universitiesは大学院や修士課程を提供する傾向にありますが、博士課程を勉強する選択はほとんどありません。

サンディエゴ州立大学(San Diego State University)を除き、リストにあるすべての大学はそれぞれのカテゴリーにおいてトップ40校またはそれ以上に入っています。

カリフォルニア大学の学校のシステムは、トップ6校が含まれ、ここでよく代表されます。UCシステムの外では、他2つのカリフォルニア学校もまたリストにあります。
これは、最も志願者の多い10校のうち8校がカリフォルニアに基づくことを意味します。
カリフォルニア以外の他の2校は、New York University と University of Michigan—Ann Arbor.です。

2018年秋に最も志願者が多かった10校のリストが下記にあります。U.S. Newsが数字的にランク付けするために必要な基準を満たしていないランキング外の学校はこのレポートでは考慮されていません。

記事:U.S.News. Josh Moody. 10 Colleges With the Most Applicants.
<https://www.usnews.com/education/best-colleges/the-short-list-college/articles/colleges-that-received-the-most-applications>

(更新)JN Langauge Lab-H


JNLLではSAT、ACT、SSAT、TOEFL、IELTS等の1対1の完全個別指導を行っております。まずは体験個別指導にお越しください。

体験個別指導は必ず事前にご予約をお願いいたします。

→体験個別指導のお申込みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です