新年からやる気を引き出す20の方法

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

—–

ということで、新年を迎えましたが、皆様どんなお正月をお過ごしでしょうか?

—–

中々ベッドから起き上がれなかったり、やらなければならないことはあるのに、やる気が起きず、毛布にくるまってついついお菓子を食べすぎてしまったり…なんてことはありませんか。

そこで今回は、どうしたらやる気がでるのか怠けないのかについてご紹介したいと思います。

—–

やる気を引き出す20の方法

—–

1. 自分にご褒美をあげましょう。課題が終わったら好きなことをしたり、好きなものを食べたりしましょう。
2. やらなければならないことに順位をつけましょう。
3. 一番集中力が続く時間帯を選びましょう。
4. 一度に全てのことを終わらせるのは不可能です。途中に休憩を挟むことを忘れないようにしましょう。
5. スタディグループを作ってメンバーと勉強しましょう。
6. スケジュール管理を怠らないようにしましょう。
7. 限度を決めましょう、完璧を追い求めたらキリがありません。
8. 具体的な目標を立て、課程を考えましょう。そうすれば、終わりが見えない不安にい打ち勝つことができます。
9. 集中できる場所を探しましょう。
10. 時間を細かく区切ってみましょう。例えば、15分集中して5分休憩を取るなど。
11. やることリストを作って、終わるごとに消していきましょう。
12. 考えるより行動です。
13. 一番大変な課題に逃げずに立ち向かいましょう、そうすれば他の課題が簡単に見えるかもしれないです。
14. 課題を終わらせることによる利点を考えましょう、それをモチベーションにしましょう。
15. 視覚を利用しましょう、例えばやるべきことをポストイットに書いて机に貼りましょう。
16. 勉強する場所を整理整頓しましょう、物が探せないと気が散ります。
17. 誰かに叱咤激励してもらいましょう。
18. 終わらせることより、始めることから始めましょう、未来より今に集中です。
19. 量を調整しましょう、さもないと終わらない不安から、パフォーマンスが下がります。
20. いつどんな時に怠けてしまうのか考え、避けましょう。

—–

—–

いかがでしたか。

筆者自身にも耳が痛い話でした。

—–

—–

個人的には13に納得しました。

筆者は高校時代、seniorで大学のアプリケーションも終わって一段落したころに、20ページにわたるエッセイを書かなければなりませんでした。

想像を遥かに超える大変さは今でも忘れもしません。

—–

—–

寒いこの季節、怠けたい気持ちと共に戦っていきましょう!

—–

—–—–

記事: how-to-study.com. Controlling Procrastination.<https://www.how-to-study.com/study-skills-articles/procrastination.asp>(Last accessed December 31, 2018)

—–

(更新)JN Language Lab-H

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です