大学の奨学金を探す為の一番良い3つの場所

皆さんこんにちは。

 

日本人にとって、奨学金は「大人になって返すもの」ですよね。最近では、その返済が厳しくなって借金地獄に陥ってしまうというニュースが流れるくらい、社会問題のひとつになりつつあります。

 

しかし、海外に目を向けてみると、給付型の奨学金、すなわち「返さなくていい」奨学金が主流だといいます。

 

今回は、そんな海外の奨学金を探す方法について掲載されているサイトを紹介します。海外大学に進学する皆さんには、ぜひ活用していただきたいですね!!

以下のリンクからご覧ください。

 

記事:

Dana Sinclair, Magoosh. 2015. 3 Best Places to Look For College Scholarships

<https://magoosh.com/hs/college-admissions/2015/3-best-places-to-look-for-college-scholarships/>

(更新)JN Language Lab-H

失敗への恐怖を克服する

皆さんこんにちは。

「失敗への恐れ」。それは、誰もが持つ感覚ではないでしょうか?
失敗への恐怖は、人々が感じる恐怖の中で、一番大きなものの一つです。
それは批判への恐怖や、拒絶への恐怖と密接に関連があります。

それが行き過ぎると、失敗を恐れるあまり、新しいことに挑戦する気持ちにブレーキがかかりやすくなってしまいます。

成功している人々は、失敗への恐怖を克服しています。
恐怖は、成功していない人の活力を奪います。

今回は、「失敗への恐怖」という思考習慣を変えるための記事をご紹介します。
記事を参考に、失敗への恐怖を克服し、自分が望む結果に向けて前に進みましょう

記事:
Arina Nikitina, Goal Setting Guide. 2008. Overcoming the Fear of Failure.
<http://www.goal-setting-guide.com/overcoming-the-fear-of-failure/> (Last accessed July. 12, 2018)

(更新)JN Language Lab-K

The top 11 jobs in America for 2016/2016年アメリカの仕事ランキングトップ11

皆さんこんにちは。JNLLです。

今回はアメリカの仕事ランキングTOP11について記載した記事をご紹介します。

給料、キャリアの成長、求人数の面で一番良い機会を与えてくれる仕事とは、いったいどんな職業でしょうか。
求人サイト、Glassdoorによると、上記の評価軸で一番高いランクに入ったものは、3つの分野にまとまる傾向が見られます。それらの仕事はテクノロジー、健康、ビジネス分野に位置するものが多く、年俸が6桁に達するものも。

2016年にアメリカでトップランク入りした仕事をぜひチェックしてみましょう。

記事:
Aimee Picchi, Moneywatch. 2016. The top 11 jobs in America for 2016.
<http://www.cbsnews.com/media/the-top-11-jobs-in-america-for-2016/> (Last accessed July. 1, 2018)

(更新)JN Language Lab-K

うまくいっている学生の10の学習習慣

大学生活を成功させるには「習慣」が重要です。
日々の積み重ねが0か10かで、そこには大きな差が出てきます。
今回は、成功している学生に共通してみられる10の学習習慣を特集した記事をご紹介します。

記事:
How to Study.com. The Ten Study Habits of Successful Students.
<https://www.how-to-study.com/study-skills-articles/study-habits-of-successful-students.asp> (Last accessed Jun. 4, 2018)

(更新)JN Language Lab-H

どの大学生も必要となる5つのソフトスキル

皆さんは、ハードスキル・ソフトスキルという単語を聞いたことがありますか?
今回の記事では、大学やそれ以降のステージで成功するためのキーとなる、5つのソフトスキルについてご紹介してます。
これらのスキルは高校生のうちから積極的に身につけておくことが推奨されています。是非参考にしてみてください。

記事:
Holmes, Bradford. 2014. Hone the Top 5 Soft Skills Every College Student Needs.
<http://www.usnews.com/education/blogs/college-admissions-playbook/2014/05/12/hone-the-top-5-soft-skills-every-college-student-needs> (Last accessed May. 28, 2018)

(更新)JN Language Lab-K

小規模大学を選ぶ6つの理由

大勢の一部ではなく、
一人の人として過ごせる大学
を探している方、
学問に挑戦したい方、
物事の社会的側面に行き詰っている方。

そんな方には、小規模な大学が向いているかもしれません。
今回は、小規模大学を選ぶ6つの理由とそのメリットについて記載した記事をご紹介します。

マンモス校、小規模大学、いずれにもメリットデメリットはありますが、それぞれの性質をしっかりと理解した上で、自分に合った大学をリサーチすることは重要ですね!

記事:
Harrison, Faye. 2016. Six Reasons to Study at a Small University.
<http://www.topuniversities.com/student-info/choosing-university/six-reasons-study-small-university> (Last accessed May. 21, 2018)

(更新)JN Language Lab-K

リベラルアーツについて留学生に知って欲しい4つのこと

皆さんこんにちは。JN Language Labです。

もし、あなたが米国大学について調べている学生ならば、間違いなく「リベラルアーツ」というフレーズに出会ったことがあるでしょう。

リベラルアーツとは、多くの米国・カナダの大学で行われている教育の一種です。リベラルアーツというものがずばり何であるのかを正しく理解し、それがキャリア面においてどのように役立つのかのポイントを4つおさえた記事をご紹介します。

記事:
Kice, Amy Rader. 2015. 4 Facts for International Students About Liberal Arts. <http://www.usnews.com/education/blogs/international-student-counsel/2015/08/11/4-facts-for-international-students-about-liberal-arts?int=a3d208> (Last accessed May. 7, 2018)

(更新)JN Language Lab-K

合格体験談(2)

こんにちは。JNLLです。

本日は、Johns Hopkins大学(特に医学、国際関係分野で 世界トップクラスの評価を受けている大学)に見事合格を果たした当校の生徒様の合格体験記をご紹介します!

JNLLに通いながら、どのようにして学習に対するモチベーションを保ち、日々の勉強を行ったかが詳しく分かる内容となっておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


【Y.Y.さん:ジョンズ・ホプキンズ大学Johns Hopkins University)合格】

第一志望の大学、Johns Hopkins大学(premed=医学部進学課程の学生)へ合格できた道のりを振り返ってみましたが、やはりJNLLに来て、始めから適切に評価してもらえたことが志望校合格へ導いてくれたのではないかと感じています。 “合格体験談(2)” の続きを読む

2030年コンピューターは人間にどこまで迫るか

こんにちは。JN Language Labです。

最近、AI(人工知能)に関する話題や著書が目につきますね。
2017年の夏に株式会社マクロミルが全国1000人の20代~60代に調査した結果によると、AIの認知率は59.8%で、「聞いたことがある」を合わせると9割を超える結果になりました。
将来、自分の仕事がAIに取って代わられるか、について「はい」と答えた人は39.6%いました。年代別に見ると、30代が一番高い危機意識を持っていて、46.2%が取って代わられると感じているようです。

スパコン・人工知能エンジン開発者の齊藤元章氏と駒澤大学経済学部准教授の井上智洋氏の対談をまとめた本を、東洋経済が一部抜粋していますので、こちらを少し、ご紹介致します。(対談の本は、『人工知能は資本主義を終焉させるか 経済的特異点と社会的特異点』、東洋経済の記事はこちら。)
“2030年コンピューターは人間にどこまで迫るか” の続きを読む

留学インタビュー (19)

皆さんこんにちは。JN Language Labです。

今回は、前回同様少し前の取材になりますが、アメリカはカリフォルニア州の南部、コスタメサのOrange Coast College(以降OCC)で勉学に励んでいる当校のOG、C.S.さんへのインタビューをご紹介します。

C.S.さんは、当校でTOEFL、SAT、IELTS対策のクラスを受講し、大学出願時には出願書類サポートクラスにてカレッジエッセイなどの必須書類を作成し、大学合格後は、入学後に必要となる英語力を強化するカレッジプレップのための特別レッスンを受けていました。JNLLでは、模擬試験の受験、公式試験の申込み、出願大学のリサーチなど、C.S.さんが目指している将来像や叶えたい夢に向けたお手伝いをさせて頂きまし た。
C.S.さんが送っているカリフォルニアでの大学生活はどのようなものなのでしょうか。


【インタビュー(19)-C.S.さん/Orange Coast College(取材は2014年、C.S.さんは大学1年生)

《大学生活について》
Q1. Orange Coast Collegeについて教えてください。

OCCは南カリフォルニアの美しいビーチにも近く、質の高いプログラムや学校設備が充実しており、エスニシティに富んだ2000名以上が在籍する、とても人気があるコミュニティカレッジです。

★JNLLメモ★

OCCは優秀な学生が多いので、OCCからカリフォルニア大学システム(University of California)へ編入する学生の数は多いと言われています。
C.S.さんは取材時一年生でしたが、将来的にはカリフォルニア大学のロサンゼルスキャンパスへの編入を希望してており、その後は大学院への進学も考えているそうです。

Q2. 受講している教科について教えてください。
“留学インタビュー (19)” の続きを読む