英語学習に個別指導をおすすめする5つの理由

英語は世界で最も一般的に話されている言語であるため、英語を学ぶことは重要です。英語は50ヶ国、約3億7500万人の第一言語です。英語を母国語としない人も、多くの利点から、第二言語として勉強しています。そのため教育機関では英語を教育課程に置いているのです。
もし英語をマスターしたいのであれば、完全個別授業が得策であるでしょう。個別授業はより効果的に集中して英語を学ぶことが出来ます。個別授業にはたくさんの利点があるので以下でご紹介したいと思います。

①レベルに合わせた授業を組んでもらえる

個別授業では、生徒の英語レベルや要求に合わせた授業をしてくれます。また、先生(プロの英語教師)は生徒の成長を近くで見ることができるため、生徒の得意・不得意分野を把握しやすくなります。授業を生徒のペースに合わせることが出来るため、生徒を助け、学習度を促進してくれます。よって個別授業はあなた専用の授業となるでしょう。また、先生が使う教え方もあなたに当てはまるはずです。

②柔軟に授業時間と授業計画を組める

個別授業は、生徒が設定したペースで彼らのニーズに基づいて進行するため、生徒のニーズに完全に対応することができます。例えば、授業のペース、教材、目標を自分で管理し、いつでも好きなときに学習速度を進めたり遅くしたりできます。授業日時や授業時間も柔軟に対応してくれるでしょう。ここで、学習目標を達成することは、時間割、期間構造、および正式な評価よりも重要です。

③自分専用の教材を使える

集団授業では、他の生徒と学習教材を共有することになります。一方、一般的な個別授業では、生徒が作成した、または生徒と教師が一緒に見つけた教材を使用できます。他の学習者と教材を共有する必要もありません。

実際にJNLLで使用しているテキスト:2020年10月 最新版【SAT対策】おすすめテキスト5選 & 2019年度版おすすめテキスト8選

④集中して英語を学べる

個別授業では、生徒の4技能(読む、聞く、書く、話す)どれにおいても、より集中して学習することが出来ます。生徒は、授業時間内であれば好きなだけ英語を話したり練習したりすることが出来ます。また、周りの生徒を気にせず、先生に質問したり、フィードバックを貰ったりもできるでしょう。

⑤生徒‐先生間の信頼関係を築きやすい

個別授業は生徒先生の間に一定の信頼関係を生み、大きな相互利益を生みます。先生は一人の生徒の指導に専念でき 、生徒も先生を学習リソースとして最大限活用することが出来ます。一対一ならではの利点として、他の生徒を気にすることなく質問や練習が出来ますし、さらにあなた専用の教材を使用出来ます。

最後に

個別授業によって 、授業進度や使用したい教材を自由に決めること、また、英語学習を集中的に促進しクラスの他の生徒のことを気にすることなく教師と良質な関係を築くことが出来ます。
以上のように、個別授業は、英語学習において多くの利点を生んでくれます。あなたが英語をマスターしたいのであれば、あなたの要望に応え専用にカスタマイズすることができる個別授業を選ぶべきでしょう。

記事:Five Benefits of Private Classes to Master the English Language.
<https://medium.com/@lexislondon/five-benefits-of-private-classes-to-master-the-english-language-e3fc4ff45bc5>