【米国留学】保護者視点から見た子供とアメリカの教育

アメリカの教育

教育は子どもにそれまでなかった可能性を与えてくれます。
つまり、教育が今後の人生における決定的な違いを生み、成功への架け橋となるのです。自分にとって適切な学校と場所を決めることは細心の注意を持って行われるべき重要なことで、人生を変える投資となります。
アメリカは世界で最も質の高い高等教育システムを提供している国の1つです。その教育理念と高い基準は、広大な国土と相まって、たくさんの学位の選択肢と優れた学校を提供しています。

学校選びの注意点

保護者として子どもには能力を最大限引き出し将来成功する為に最高の機会をあたえてくれる学校に進学させたいと願っているでしょう。そのため、学校を調べる際は以下の項目に注意してください。

学校の評判だけでなく学位プログラムも考慮しているか?
その学校や学位プログラムの卒業生はどのようなキャリアを積んでいるか
・教授やインストラクターはどの程度の学位と経験を持ち、彼らの知識は最新のものか?
クラスの規模はどのくらいか?
→学生一人ひとりに教授が親身な指導をすることができる、少人数制の授業の方が学びやすいという学生もいます。
授業を通じてどのようなプロジェクト、実験、インターンシップなどが提供されているか?
→アメリカの教育理念は、さまざまな教育技術や学習技術を活用しており、生徒は暗記だけでなく応用学習を通じて学びます。
提供される教育はどのようなものか?
→多くの学校が数学、英語、ライティングの個別指導を設けています。学位プログラムでは通常、科目に特化した個別指導を提供します。
キャリアサービスは提供されているのか?

英語力に不安がある場合
子どもの英語力を向上させる必要がある場合は、集中的な英語プログラムを受講することをお勧めします。単に英語力を向上させるだけでなく、大学で用いられる英語のレベルに備えることにもなります。

子どもの安全面

多くの保護者にとって最も重要なもう1つの要素は、勉強中の子どもの安全面でしょう。
大学にとっても、学生の安全は大変重要な要素です。さらに、アメリカは一般的に非常に安全な国です。多くのキャンパスには、キャンパス独自のセキュリティおよび安全の担当者のほか、護衛深夜の交通機関などのサービスがあります。
もっとも、他の国で滞在する場合と同様に、適切な判断と常識を身に付けておく必要があります。

子どもの強みとなるアメリカでの教育

子どもにアメリカで教育を受けさせることは、彼らに大きなチャンスを与えることとなるでしょう。
なぜなら、貴重な文化的経験を積むこととなるからです(この重要性を忘れないでください)。文化的経験は履歴書で簡単に表すことはできませんが、学歴については履歴書で示すことが出来ます。アメリカの大学名とその学位を履歴書に記載することは、子どもが、周りの就活生や同僚の間でその存在を際立たせることとなるでしょう。

記事:Study in the USA “Your Child & Their U.S. Education – A Parent’s Perspective”
https://www.studyusa.com/en/a/778/your-child-their-u-s-education-a-parent-s-perspective